« 該非判定書と非該当証明書の違い | トップページ | 該非判定と日本工業規格(JIS) »

2013年7月23日 (火)

少額特例と包括輸出許可

少額特例と包括輸出許可の両方が適用できるときどちらを優先すべきかという論点があります。

(1)少額特例とは
輸出貿易管理令第4条第5号を根拠とし、輸出貿易管理令第4条第5号に該当するときは外国為替及び外国貿易法第48条第1項の適用がない。
即ち輸出貿易管理令別表第1に該当しても輸出許可不要となる。

(2)包括輸出許可とは
輸出貿易管理規則第2条の2を根拠とする経済産業大臣の輸出許可の特別な手続である。

とすれば、輸出許可不要のものに経済産業大臣の輸出許可を適用する余地はなく、少額特例が優先することになります。

余談ですが、筆者は少額特例の適用がある貨物に個別の輸出許可を申請して(申請当日に気が付いたがそのまま提出、一旦は受理されたが)輸出許可不要の物に輸出許可証を発行することはできないと断られた経験があります。

|

« 該非判定書と非該当証明書の違い | トップページ | 該非判定と日本工業規格(JIS) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594691/57836746

この記事へのトラックバック一覧です: 少額特例と包括輸出許可:

« 該非判定書と非該当証明書の違い | トップページ | 該非判定と日本工業規格(JIS) »